バイナリーオプションなどの証券業務と言うのは、

 

各国別政府による金融監督機関の決まりによって運営が定められています

 

日本で言えば、金融庁になります。

 

その会社が所属する国により管理されるのですが、

 

世界でも特に、規制が厳しいと言われているのが、

 

キプロス金融監督機関、アメリカ金融監督機関、そして、日本の金融庁が特にシビアな取り締まりを行っていると言われています。

 

キプロス金融庁
キプロスは、トルコの南側に位置するイギリス連邦の加盟国で、国の収入の殆どを、

 

観光と金融が占めています

 

その為、金融規制を厳しく執り行い投資家の信用獲得に大変力を入れています

 

特に、他の国ではしていないような大胆な施策も見受けられます

 

例として、キプロスの登録業者が倒産した場合の国の保証(殆どの国では分別管理だけで保証はない)や、
無登録業者の口座凍結などが有名です。

 

アメリカ金融監督機関

 

アメリカのウォール街と、イギリスのシティーは、世界の金融の中心と言われていますが、
アメリカの投資家保護も大変有名です

 

なんと言っても、売上高が小さな国のGDP以上だったと言われていた、リーマン・ブラザースを倒産させてしまうレベルです

 

また、資金の流れなどを世界的に監視していると言われています。

日本金融庁

 

日本の金融庁も多岐にわたるお金の流れを厳しく監視している事で有名です

 

最近で言うと、
貸金業法の改正や、NISA(非課税部分がある投資信託)などが記憶に新しいのですが、
振り込め詐欺撲滅運動など、きめ細かく対応していると言われています。

 

証券会社の自己資本比率の監視や、資金分別管理の監視なども厳しく取り締まっています。

 

 

 

以上の事から、

 

バイナリーオプション業者を安心して選ぶ規準としては、

 

キプロス

 

アメリカ

 

日本

 

この3つの機関のどこかに、

 

認定登録されているか?

 

を、チェックするだけで、大きなリスクヘッジになります。

 

なので、新たにバイナリーオプションや、FXなどの口座を作成する場合、
どこの国の登録認定を受けているか?

 

最低でもこの部分を確認するとリスクを抑える事が出来ます