転売(途中決済)とは?

この機能は権利放棄とも呼ばれ、判定時間が来る前に所有しているポジションを売却し、決済することを意味します。通常ならエントリーした後は判定時間まで取引の行方を見守りますが、転売を行うことで転売を行った時点での利益額、損益額を確定させることが可能です。

<転売のメリット>

・損益額を減らすことが出来る
このままの流れでは確実に損益が発生する!という場合に転売を行うことにより、損失額を抑えることが出来ます。例えばポジションを1万円で購入している場合に転売を行わず損益が確定すると、1万円の損額となるのに対し、早めに判断を行い転売を行うことで小額の損益に抑えることが可能です。

・利益額を早めに確定させることが出来る
利益額額を確定させる場合は、早めに決済を行うことにより本来もらえるはずだった配当が少なくなってしまうデメリットが存在します。このまま行けば確実に利益になるという場合は転売を行わず、相場が判定して利益が損益になる可能性がある時に早めに転売を行い利益額を確定させましょう。

ハイローオーストラリアを転売で攻略!

この転売(途中決済)はどこのバイナリーオプション業者でも行えるわけではなく、取り扱っていない業者もあるため、この戦略を使える業者は限られてきます。

実は、転売の利用が可能な点に加え、転売のデメリットでもある配当が本来のペイアウト率より下がってしまうという点も、ハイローオーストラリアなら緩和されるのが最大の魅力。なぜなら、スプレッドハイローは元々ペイアウト率が2倍で固定されているため、転売で少し倍率が下がってもある程度の倍率は維持できるからです。

下記は実際に取引で転売を行った場合。

24オプションのプロフェッショナル・シグナル

このトレンドが下がると判断して購入したわけですが、購入直後は一時的に下がるものの持ち直してしまったトレンド。この調子で行けばあわよくば利益を手にすることが出来るかもしれませんが、反対に損益になる可能性も十分にあります。

危ないトレンドには手を出さない主義の管理人はここで転売を実行。このまま徐々に上がって利益が0になる可能性が見えた管理人は、途中決済を行い損額を160円に抑えることしました。

サッカーや野球の「点が取れなくても相手に点を取られなければ負けない」と同じ理論です。ペイアウト率の関係で50%以上の勝率が必要な投資でも、損額を少なくすることが出来るのであれば取引で負ける可能背は限りなく低くなります!

実際に取引を行い感覚を掴むまで経験が必要だと思いますが、コツさえ掴めば普通に取引を行うより低リスクで稼ぐことができると思います。お試しあれ!