移動平均線は、相場の大きな流れを掴もうというもので「トレンド系」に分類されます。

移動平均の計算式
単純移動平均計算式単純移動平均は、aとbとcを足したものを期間の3で割り、翌日はbとcとdを足したものを3で割って計算して行きます。

修正移動平均計算式修正移動平均は、前日の移動平均を2倍したものにdを加えて3で割ります。翌日は前日の計算値を2倍したものにeを加えて3で割ります。

加重移動平均計算式加重移動平均は、式からも分かるように、直近の終値に加重をかけて計算したものです。

一般に移動平均と言えば単純移動平均のことを指します。

移動平均の基本的見方(グランビルの法則)
移動平均線の売りサイン
移動平均線の売りサイン
①中・長期線が上昇の後、横ばいか下落している時に、短・中期線がその中・長期線を下に突き抜けた時は売りシグナルとなる。

②中・長期線が下降し続けている時、短・中期線が、中・長期線の上に上昇すれば売りシグナルとなる。

③短・中期線が下降し続けている中・長期線の下にあって、中・長期線に向かって上昇したが、突き抜けず再び下落した場合は、売りシグナルとなる。

④短・中期線が上昇し、同じく上昇している中・長期線から上に大きく乖離(離れた)時は売りシグナルとなる。

移動平均線の買いサイン
移動平均線の買いサイン
⑤中・長期線が下降の後、横ばいか上昇傾向にある時、短・中期線が、その中・長期線を下から上に突き抜けた場合、買いシグナルとなる。

⑥中・長期線が上昇し続けている時、短・中期線が、中・長期線の下に下降すれば買いシグナルとなる。

⑦短・中期線が上昇し続けている中・長期線の上にあって、中・長期線に向かって下降したが、突き抜けず再び上昇した場合は、買いシグナルとなる。

⑧短・中期線が下落し、同じく下落している中・長期線から下に大きく乖離(離れた)時は買いシグナルとなる。