1000円から取引できるバイナリーオプションHIGHかLOWか予想する取引クレジットカード(マスターカード)取扱い開始!

バイナリーオプション取引(以下BO取引)では、提供する業者によりペイアウト倍率の算定方法などに違いがあります。約1.01~20倍程度あたりでの約1~20倍の設定というほぼ固定のタイプと、1倍から数10倍まで変動するタイプ、この2タイプに大きく分類出来ます。

まず提案したいのがペイアウト倍率が低いバイナリーオプション取引で利益をコツコツ積み重ねる戦略です。GMOクリック証券の外為オプションやFXトレード・フィナンシャルのHIGHLOWのようなレート価格が上になるか下になるかを予想するだけの取引形態ですので勝率は5割です。しかもペイアウト倍率は約1~20倍」です。FXプライム
byGMOの選べるHIGH・LOWよりは低いペイアウト倍率ですが、1日に取引できる回数が多いので何度も少額で取引することで、利益を積み重ねることができるチャンスは豊富にあります。

またもっと踏み込んで考えてみたいのが、IG証券やみんなのFX、FXプライム byGMOなどで提供されているペイアウト倍率が変化するタイプのBO取引戦略です。

ペイアウト倍率が変動するタイプのBO取引では、現行水準からの離れ具合と決済までの時間の長さが倍率を決定される基準となります。そして、高確率で利益が出るオプション、つまり勝率が高いであろうオプションの倍率は低く、逆に高確率で損益を出してしまいそうなオプションは倍率が高くなります。つまり、「高い勝率=低倍率」「低い勝率=高倍率」ということですね。

ペイアウト倍率が変動するBO取引で考えられる戦略は以下の4パターンでしょう。

①高倍率のオプションを高額で取引

②高倍率のオプションを少額で取引

③低倍率のオプションを高額で取引

④低倍率のオプションを少額で取引

高倍率のペイアウトが得られるということは、すなわち勝率が低いということ。逆に低倍率のペイアウトのオプションは勝率が高いということになります。また、高額での取引では自然とバックが大きく、少額の取引ではバックが小さくなります。

つまり組み合わせて考えると、①が最もハイリスクハイリターン、④が最もローリスクローリターンとなります。②と③はその中間ですのでミドルリターンとでも分類しておきましょう。

①のように高倍率のオプションを高額で取引するパターンは最もギャンブル性が高く、通常のFX取引で例えるならハイレバレッジで逆張りするようなものです。一方、④のように低倍率のオプションを少額で取引するパターンは、低レバレッジで順張りの取引をコツコツ積み重ねていくようなイメージです。

戦略としてどちらが正しいかはトレーダーのクセや方針次第でしょうが、BO取引もその取引スタイルによって利益の出し方に種類があるということは抑えておきましょう。

1000円から取引できるバイナリーオプションHIGHかLOWか予想する取引クレジットカード(マスターカード)取扱い開始!