MACDで順張りするためにゴールデンクロスとデッドクロスを見逃さないようにしよう

MACD ノウハウ
バイナリーオプション、MACDを使った攻略法

 

・MACDで売買タイミングを探る

MACD(マックディー)は非常に有名なテクニカル分析なので、FX取引を始めたばかりの方でもご存じの方は多いのではないでしょうか。短期の移動平均線(短期EMA)と長期の移動平均線(長期EMA)、2つの平均線を組み合わせることで売買のタイミングを探るテクニカル指標で、オシレーター系と分類される事が多いですが、移動平均線を使うという点で、トレンド系とされることもあります。

通常使われる移動平均の発展型とも言える分析方法で、短期の移動平均線と長期の移動平均線から生じる乖離を利用します。詳しい仕組みは省略するとして、基本的にはMACDラインとシグナルライン、2つのラインの動きを使います。MACDラインがグラフの0より下の状態でシグナルラインを上抜けた時はゴールデンクロス、MACDラインがグラフの0より上の状態でシグナルラインを下抜けた時はデッドクロスと呼ばれ、ゴールデンクロスは「買い」、デッドクロスは「売り」のサインとして絶好機と見られています。

判断を間違わないように気をつけながらMACDを利用しよう

・順張りに使えるMACD

MACDのゴールデンクロスとデッドクロスは順張りのサインとして頻繁に使われています。通常のFX取引ではもちろん、バイナリーオプション取引時にもそのまま順張りのサインとして使うと勝率アップに貢献してくれるでしょう。ゴールデンクロスやデッドクロスなど非常に分かりやすい形ではっきりとサインを発してくれるので、分析手法として簡単に取り入れることができ、使いやすいのが魅力です。

・“だまし”には気をつける。

ただし、デメリットが無いわけではありません。MACDには「だまし」といって、サインに従って取引した場合に、思ったような動きをしてくれない事がよくあります。この「だまし」は他のテクニカルにも見られることなのですが、MACDでは特に多く見られます。そのため、MACDを使った分析をする際には、MACD単独ではなく、他のテクニカル分析と組み合わせて使ったほうがよい場合が多いようです。