米雇用統計とは全米の働く人の状況を全て表した指標!

米雇用統計とは全米の働く人の状況を全て表した指標!全米約16万の企業や政府機関が所持している約40万件以上のサンプルを調査し、失業率、非農業部門雇用者数、週労働時間、平均時給、建設業雇用者数、製造業雇用者数、金融機関雇用者数などの項目が発表されます。

アメリカでは個人消費がGDPの6割にもなるため、雇用状況がそのまま消費や経済に与える影響が大きいので、金融政策と合わせて全世界のトレーダーがアメリカの労働省の発表に注目します!

中でも特に失業率と非農業部門就業者数の2項目が注目されている。

失業率は、細かくは「失業者÷労働力人口×100」で定義されています。非農業就業者数は「事業所調査によって、非農業部門に属する事業所の給与支払い帳簿を基に集計された就業者数」で経済政策変更の基準となる事が多く、どちらも経済に直結するため特にチェックされています。

発表は原則、翌月の第一金曜日!

雇用統計の発表は原則翌月の第一金曜日に行われます。その月の集計をニューヨーク時間の午前8時30分に発表。日本時間で言うと午後9時半頃(冬時間では10時半頃)になります。

日本では昔から金曜の夜は花金と言われていて、お父さんなんかは飲みに行く方も多いでしょうが、FXやバイナリーをやってる方は第一金曜日の夜、9時半頃のチャートの変動だけは注意しておきましょう!