bl_t

ボリンジャーバンドとは?

ボリンジャーバンド(Bollinger Bands)とは移動平均線とその上下に値動きの幅を示す線を加えた指標のことをいい、移動平均線の上側には+1σ、+2σ、+3σ、下側には-1σ、-2σ、-3σのと表示されます。

メタトレーダー(MT4)のボリンジャーバンド

また、ボリンジャーバンドの見方としては「±1σの間にどのくらいの確率で価格が収まる」「±2σの間にどのくらいの確率で価格が収まる」という風にトレンドの先行きを読むことが可能です。

メタトレーダー(MT4)のボリンジャーバンドの確率

ボリンジャーバンドでは統計学的に上下の線の間で株価が動く確率が想定されているため、確率を個々に求めたりする必要がありません。

・±1σの間に価格が収まる確率 ・・・ 約68.3%
・±2σの間に価格が収まる確率 ・・・ 約95.5%
・±3σの間に価格が収まる確率 ・・・ 約99.7%

※±2σと±3σでは差がそこまでないため±3σを利用しない方も多いですが、特に問題がなければ判断材料の一つとして表示させておきましょう。

ボリンジャーバンドを使った戦略、攻略法について

どのような指標なのか判ったところで、次はボリンジャーバンドを利用した戦略です。価格が範囲内に収まる確率がわかったので、この線と確率を利用してバイナリーオプションでチケットを購入するタイミングを考えてみましょう。

メタトレーダー(MT4)のボリンジャーバンド攻略法

まず、目安として利用するのは±2σの線です。

目安として利用するのは3σでもいいのですが、ここまでやるとなかなか購入のタイミングがなく利益率が下がる恐れがあります。一番安定しているのが±2σの線なので、取引を行う際は±2σに利用しましょう。

メタトレーダー(MT4)のボリンジャーバンドを使って相場の反転ポイントを探す

ではこの±2σをどのように利用するかですが、上記の確率の部分で説明した通り±2σというのは約95%の確率でこの範囲内で値動きが起こることになります。つまり、この線を越える値動きが起こる可能性は限りなく低いということ。

低いということは±2σの線にトレンドがあたった場合、相場が反転しやすいということになります。

イメージとしては±2σの壁にボールが当たって跳ね返っているような感じでしょうか。反転する傾向が強いため、このタイミングで逆張りでチケットを購入するという戦術が非常に有効になってくるのです。

MT4でボリンジャーバンドを設定しよう

メタトレーダーでボリンジャーバンドを利用する際は、設定を行わなければなりません。
追加方法は、罫線分析ツール⇒トレンド⇒Bollinger Bandsを選択。

メタトレーダー(MT4)でボリンジャーバンドを設定する。

また、±1σ~+3σまで全て表示する場合はボリンジャーバンドを3本用意し、それぞれで設定を行わなければなりません。

メタトレーダー(MT4)でボリンジャーバンドを設定する。

±1σの場合は偏差を1、±3σの場合は偏差を3に設定。スタイルでボリンジャーバンドの色を返ると見やすくなるので、その辺は使いやすいように設定されて下さい。