バイナリーオプション.攻略法
バイナリーオプション.攻略法

MACD(マックディー)とは?

MACDとはMoving Average Convergence Divergence Trading Methodの略で、一般的にはマックディー(MADC)と呼ばれています。この指標は2つの期間の移動平均の差を利用したテクニカル指標で、多くの投資家が相場の周期とタイミングを捉えるために利用しています。

MACDの見方

MT4に標準で備わっているMACDは見づらいという方も多いですが、基本的なところから解説して行きたいと思います。まずMACDの構成ですが、赤いラインのシグナルライン水色のラインがMADC黄色いラインの0ラインの3つから構成されています。

シグナルライン:MADCの移動平均線。一般的には9日で計算する。
MACD:直近の値動きを強く反映しやすい2本の指数移動平均線を元に計算したグラフ。一般的には12日、26日を使用する。
0ライン:中心となるライン

この3つを利用して、反転ポイントを次回の反転の目安を見抜いたり、トレンドの強弱を調べることが可能となります。反転のポイントがわかれば逆張りでポジションを保有することができますし、強弱を知ることができればトレンド相場の時に順張りで利益獲得を狙うことも可能となるわけです。

MT4でMACDを設定する方法について

メタトレーダーでボリンジャーバンドを利用する際は、設定を行わなければなりません。

追加方法は、罫線分析ツール⇒オシレー⇒MACDを選択。メタトレーダー内にナビゲーターがない場合は、ツールバーの「表示」からナビゲーターを表示させてからMACDを表示させましょう。

MT4でMACDを設定する方法1

基本的には設定等を自分で行わなければならないということはありませんので、そのまま「OK」を選択してかまいません。短期EMAと長期EMAをデフォルトで設定されている12、26から変更する場合は自分でEMA値を入力しなければなりません。

MT4でMACDを設定する方法2

ただ、標準の設定では見づらいという場合は色の設定からラインの太さやみやすい色に変更するようにしましょう。

MT4でMACDをカスタムする方法

以上でメタトレーダー内にMACDを表示させる手順は終了です。

MACDを使った戦略、攻略法について

それではMACDを使った戦略について考えてみたいと思います。

1.MACDとシグナルのクロスを見よう

MACDを線として捕らえにくいと言う方はMACDの表示を太くすることで、線として捕らえやすくなります。まずはMACDとシグナルがクロスする点に注目し、買いサイン、売りサインを見抜きましょう。

MACDがシグナルを下から上抜いた地点が買いのサイン

まず買いサインから。MACDとシグナルがクロスする時、MACD線がシグナル線を下から上に突き抜けたときが買いサインとなります。この買いサイン発生時はトレンドが上昇する傾向にあり、バイナリーオプションで言うHIGH「上がる」のチケットを購入するタイミングとなります。

MACDがシグナルを上から下抜いた地点が売りサイン

次に買いサインと反対の売りサインについて。売りサインは買いサインと反対で、MACDとシグナルがクロスする時、MACD線がシグナル線を上から下に突き抜けたときが売りサインとなります。この売りサイン発生時はトレンドが下降する傾向があり、バイナリーオプションで言うLOW「下がる」のチケットを購入するタイミングとなります。

少し覚えにくいですが、MACD線が基準となることだけ覚えておきましょう。シグナル線より上に行けば買い、シグナル線より下に行けば売りです。

2.0ラインを基点に強気相場、弱気相場を見分ける

次に中心のラインとして引いてある0ラインを基準に、そのトレンドが強気相場なのか弱気相場なのかを見分けてみましょう。

MACDが0ラインの上にある時 → 強気相場

強気相場

ここでも基準となるラインはMACD線です。MACDが0ラインより上に表示されている時は強気相場だと判断されることが多く、トレンドの傾向としては上昇の傾向があります。

弱気相場

MACDが0ラインより下に表示されている時は、弱気相場だと判断されることが多く、トレンドの傾向としては下降の傾向があります。

相場が転換するポイント

ただよく起こりやすいのが「上にあるから上昇する」「下にあるから下降する」と判断する投資家がいることです。上記のようにMACDを線で結ぶとわかりやすいのですが、0ラインより上にある強気相場でも“上昇しているトレンド部分”と“下降している部分”とがありますね。

これは0ラインより下にある弱気相場でも同じことが言えるので、単純に上にあるから上昇するトレンド、下にあるから下降するトレンドと判断しないように気をつけなければなりません。