「ラダーオプション(LadderOptions)」は、「~以上に上昇するか(買い)/しないか(売り)」を予想する取引で、以前はハイ&ローとも呼ばれ、シンプルなルールで最も人気がある種類です。ラダーオプションとは、対象となる通貨ペアの値段が取引終了時点において「○○円以上」か「○○円未満」かを予測する取引のことをいいます。現在の価格に近い目標レートを選べば、成功する可能性が高くなる分、購入金額が高くなるが利益は小さい。逆に現在の価格に遠い目標レートを選べば購入金額が小さくなるが利益は大きくなります。

下図のように、ひとつの通貨ペア、軸となる基準レート(図の場合100.00円)に対して、+0.50円、+1.00円、+1.50円、-0.50円、-1.00円、-1.50円などの“はしご(Ladder)状”に基準となる値段 (レンジ幅)が設定されているので、そこの何処にポジションを取るかを決める取引で、目標レートは通常ひとつですが、同時に数本の目標レートを設定できるバイナリー口座もあります。下図は複数の目標レートを同時に設定できるタイプのものです。

ラダーオプションの仕組み

取引終了時間に、対象通貨ペアの価格が目標価格より上昇していると予想する場合は「買い」、上昇していないと予想する場合は「売り」となり、例えば、「9時10分の為替レートが100.50円以上になっていたらペイアウト倍率(レート倍率のこと)5倍」といった条件があるとします。このエントリーチケットを1,000円で購入した場合、9時00分の時点で100.00円だったものが、11時00分に見事に100.50円以上になっていたら、単純計算で1,000円×5倍=5,000円。そこからチケット購入代の1,000円を引いた4,000円の利益になります。

つまり、複数の目標レートを設定できるバイナリーオプション口座では、複数の購入チケットを購入し、大きなリターンを狙う事もできることになります。

ただし、ベイアウト倍率5倍はなかなか出にくいため、2倍程度で比較的当てやすいものを選び、最初は少額投資で慣れることをお薦めします。小さな利益を黙々と稼いでいけば、地味ながらも最終的には大きな利益を得る事が可能になります。

バイナリー取扱い業者のよりラダーオプションの同時目標レートは、異なります。通常ひとつの目標レートしか設定できませんが、複数目標レートを設定できる業者もあるため、いろいろ口座開設をして試してみたほうがいいでしょう。