バイナリーオプションのナンピンとは?

 

投資用語でナンピンという言葉があります。

 

ナンピンは例えば株である銘柄を購入し予想に反して価格が下落してしまった場合、
下がった価格で買い足すことで1株の買い値を下げる手法です。

 

株で買い値より価格が下回ることは損失となりますが、
価格の下落を逆手にとってさらに買い足すことで
プラスマイナスゼロにしたり損失を少なくすることが出来ます。

 

ナンピンは漢字で書くと「難平」と表記し、
災難を平らにするという意味だそうです。

 

ナンピン買い、ナンピン売りといった使い方をします。
損失を抑える手法のひとつとして使われますが、
ヘタに使うとさらに損失が膨らむという危険性もあります。

 

ではバイナリーオプションでもナンピンは有効なのでしょうか。

 

まず海外業者の場合、購入時間内でしたら
いくらでも買い足しが出来るところが多いです。

 

但しFXとは違い、バイナリーオプション取引自体
幅でコロコロと損失額や利益額が増えていくというものではなく
幅はあくまでもスペースに値する取引です。

 

なので、災難を平らにするといった意味が無いのです。

 

それだったら、ハイ(高)を購入したが予想に反して値が下がった場合
再度上昇するタイミングでハイを買い増していく方法も有りですが

 

逆に、ロウ(低)を買い増しして
損失額を減らしていくといったやり方もバイナリーでは有効なのです。

 

また、チャンス時にはハイ(高)を購入して予想通りに上昇し
その後下落した際に、今度はロウ(低)を買い増してダブルリターン率(2倍)の
利益を獲得させる方法もバイナリーでは有効なのです。

 

これを両建て取引といいますが
幅でコロコロと損失額や利益額が増えていくのではなく
反対にスペースのみを確認していけばいいので
両建て取引も行い易いというのもバイナリーのメリットでもあるのです。

 

なので、ナンピンというより
買い増しして、状況に応じてハイ(高)やロウ(低)を動かし
更に権利放棄でバリエーションを与えながらトレードする方が
バイナリーオプションでは有効的な手法なのかもしれません。

 

最後に繰り返します。
FXは幅に対して、バイナリーはスペースなのです。

 

この決定的な違いをきちんと把握したうえで
買い増しを行う事が基本的に重要なポイントですね