バイナリーオプションの逆張りとは?

 

バイナリーオプションでよく耳にする用語のひとつに逆張りというものがあります。
バイナリーオプションの逆張りとは?、一体どのような用語なのでしょうか。
知っておくと役に立つ逆張りについて解説したいと思います。

 

逆張りというのはバイナリーオプションの手法のひとつで、
勝率を上げるために使われております。

 

バイナリーオプションでは相場が動く方向に沿ってポジションをとることを
順張り、現在の相場とは反対方向にポジションをとることを逆張りと呼びます。

 

相場が一方向に動いていて判定時間までそのまま動き続けるならば順張りでいいでしょう。
しかし判定時間までに反転して逆方向に相場が動くようなら逆張りをする必要があります。

 

相場が一方向に大きく動いていているならば、いつかは収束して反転します。
その反転のタイミングを見計らって勝率を上げるのが逆張りです。

 

逆張りを成功させるにはタイミングが命です。
いつかは相場が反転するとしても、タイミングが
違えば逆張りが成功しません。

 

チャートを見ながらタイミングを測る必要があるため、
RSIなどのオシレーター系のチャートが逆張り分析の役立ちます。

 

買われすぎ、または売られすぎを
分析するRSIを使い、反転のタイミングを分析します。

 

RSIは一例なので他にも逆張りに有効なオシレーター系の
チャートはありますが、どのチャートを使うにしても逆張りの
タイミングを知ることが何より重要です。

 

ボリンジャーバンドを逆張りに使うことも可能ですし、
チャートを組み合わせたりすることで逆張りの
タイミング分析の精度を向上させることも出来ます。

 

バイナリーオプションでは逆張りのタイミングが
掴めれば高い確率で勝利することが出来ます。

 

上か下かという単純な予想だけで利益が得られるため、
過熱した相場を狙って収束するタイミングを見計らえば
勝利する可能性は高まります。

 

バイナリーオプションをするなら
逆張りは知っておくべき重要な手法です。

 

また、バイナリーオプション取引は満期期限が
あらかじめ設定された取引なので
満期期限に合わせて、上手く調整していく事

 

更にオプション取引の選択も大きなポイントです。
チャートを見ながら、ハイ&ロウ取引でトレードしていくのか?
または短期取引で素早くリターン率を獲得して行くのか?
この辺の見極め方も重要な事です。