レバレッジ倍率の計算方法

では実際のレバレッジ倍率の計算をしてみましょう。

今、FX会社に100万円を預けていたとします。このときのドル円は1ドル100円でした。

1万ドルを買うのに100万円の証拠金を使った場合、レバレッジは1倍です
・レバレッジ1倍 = レバレッジ1倍相当の金額(100万円) ÷ 証拠金額100万円

1万ドルを買うのに50万円の証拠金を使った場合、レバレッジは2倍です
・レバレッジ2倍 = レバレッジ1倍相当の金額(100万円) ÷ 証拠金額50万円

レバレッジ計算に必要な公式

レバレッジ倍率 = レバレッジ1倍相当の金額 ÷ 証拠金額

これは証拠金率で計算するレバレッジ計算方法ですが、ほとんどのFX業者ではレバレッジ1倍型、2倍型、10倍型などのように、注文を出す際、レバレッジ倍率を指定できるようになっています。この倍率指定ももともとはレバレッジ倍率をFX会社で計算しているだけですので、裏側の計算方法を覚えることは非常に重要です。

例えば豪ドル円が80円のとき、レバレッジ10倍注文で買った場合の証拠金は8万円(80豪ドル×1万豪ドル÷レバレッジ10倍=証拠金8万円)というようになるのです。