FX初心者の方が相場の勘所を捉えるためには、まず学習を繰り返すことが大切である。特に、事前に危険を察知できるようになるためには、失敗を積み重ねることも経験のひとつ。

もちろん、失敗するといっても、立ち直れなくなるほど致命的な失敗をしてはいけない。小さい火敗を何度か経験することが、娘終的に自分の経験値を高めてくれるはずだ。

それを考えると、まずは1000通貨など少額資金でトレードを行ない、そこで何度か小さな失敗をすることをおすすめする。最近はSBI FXTradeなど1通貨から取引できるFX業者も出てきている。

たとえば、100万円しか投資に回すお金のない人が、いきなり100万円を全額賭けてトレードすると、失敗した時、二度と立ち直れなくなってしまう恐れがある。

それよりも、たとえば10万円ずつ分けてトレードを行ない、そこで失敗や成功を繰り返したほうが、所徐に失敗をカバーする術なども身についていくはずである。

最初は少額資金で投資することのメリットは、前述したように、自分自身の経験値を高め、失敗をコントロールする術を身につけることにあるが、それと同時に、トレードの回数を増やすことによって、偶然性を少なくできるというメリットもある。

たとえば、1回のトレードで勝てる確率が5割だとしよう。ということは、同じ確率で負ける危険性もあるということになる。

勝率5割ということは。2回に1回の割合で勝てることを意味している。ところか、全財産を賭けて1回こっきりの勝負をするということは、100%の勝ちか、100%の負けかのいずれかになってしまう。これでは単なる丁半バクチと同じ。

つまり、全財産を賭けて1回しかトレードしないと、それだけ負ける確率が高まってしまうのである。だからこそ、資金を全額賭けるのではなく、少額ずつ分けて、投資機会を多くすることがリスク分散となる。

そして数回に分けたとしても、すべてに勝つ必要はない。というか、勝てないのが現実だ。投資で重要なのは、勝率ではなく、いかに儲けるかである。

勝半5割でも、また3割でも儲かる時は儲かる。7割負けてもその収益が少額ならば、3割の勝ちの利益の大きさで十分儲けられる。

そのためには、損失を小さく、利益を大きくを心がけることだ。損失が出たら素早く損切りし、逆に勝った時は大きく儲けることが、FX初心者が為替で成功する極意といえる。