指標発表トレードの対象となる指標

指標発表の内容によっては、大きく動く指標と動きがない指標があります。「動く指標か、動かない指標か」その違いをまず最初に確認しなければいけません。指標発表トレー ドがしやすい指標は、製造業PMI、消費者物価指数、小売売上高、サービス業PMI、四半期GDP、アメリカの雇用統計以外の国の失業率発表や新規失業保険申請件数等です。基本的には、数字が予想より高ければポジティブと判断し、指標を発表した国の通貨が 買われる傾向にあります。そして、逆に、数字が予想より低ければネガティブと判断し、指標を発表した国の通貨が売られる傾向にあります。ですが、失業率や、新規失業保険申請件数等は、数字が前回よりも低いと、失業者が減った(雇用者が増えた)とうことになりますので、市場はポジティブと判断します。逆に数字が増えてしまうと、失業者が増えた(雇用者が減った)ということになりますので、ネガティブと判断します。この失業率の内容の判断は、私がトレードを始めた頃はよく間違えて判断していましたので、皆さまも注意してください。また、中国の指標発表で経済状況を示すHSBC製造業PMIは、50を境目にして、50を上回ると景気が良い、50を下回ると景気が悪いと判断するのが定説ですので、数カ月数値が悪かったのに、発表された内容が予想外に良い結果になると、市場は大きく反応します。 そうでない場合、先月と同じ結果だったり、意外性がない場合は、15分足のローソク足1本分しか動きませんので、トレード対象とする場合は慎重な判断が必要です。HSBC製造業PMIの取引対象通貨は、豪ドルやNZドルが代表的です。

また、豪ドルに関しては、指標発表よりも、スティーヴンスRBA(オーストラリア準備銀行)総裁が、豪ドルの市場の評価について、「市場は豪ドルをまだ過大評価している」と発言すると、要するに、「豪ドルは実体経済に反して高くなりすぎる」といっているので、豪ドルが大きく売られます。政策金利の利下げについても、今後下げていくと報じられているので、金利に関する発言だけは注目していただきたいと思います。豪ドルの動きに大きく影響されて同じような動きをするのがNZドルです。オーストラリアの要人発言後に豪ドルをトレードするときには、NZドルも観察することをお勧めします。