ドル円が上値抑えられててトレンドらしいトレンドは無し。

1pips狙いのトレードを繰り返してます。

さて、ドル円に限らず、基本的には

・1時間足~日足を使って大きな状況を把握
・5分足を中心にし、流れ等を確認
・1分足でエントリー

というのが私のスタイルです。

1分足には平均足を利用しています。

今日は、1分足で平均足を使う理由なんかを書いてみます。

 

1分足で平均足を使う理由はハッキリしていて

・押し目&戻り

がわかりやすいというのと、

・ダウ理論

がわかりやすいと私は考えているからなんです。

この二つはセットで考えています。

短期だろうが、長期だろうが、
上昇局面において押し目が機能するのは
ダウ理論の値動きになっていることが条件ですね。

まあ、ダウ理論によって上昇かそうでないかを見ると言ったほうがいいと思うのですが。

例えば、上昇するのであれば

安値と高値が切りあがってるのが条件です。

私は5分足を使ってエントリーの方向やエントリーすべきかそうでないか?や、どんなエントリー(押し目狙いなのか?レンジプレイなのか?)を考えています。

で、エントリーのタイミングは1分足の平均足です。

仮に押し目狙いの場合、自分が狙ってるのはこんなところです。

これが平均足を使う理由。

ローソク足でもこれは確認できるんですが、平均足のほうが視覚的にわかりやすいですね。

だから、1分足で平均足を使っています。

私はスキャルだから1分足を使っていますが、スイングをやってる方なんかだと、1時間足をベースとして5分足でタイミングを取るってケースもあると思うんです。

その場合、5分足で平均足を出しておくってのも一つの方法なのかなって。

いずれにしても、平均足は視覚的に使いやすいので使ってない方は使ってみてもいいかもしれませんね。