通貨ペアの表記ルール

メジャー通貨
・米ドル(USD)
・ユーロ(EUR)
・日本円(JPY)
・英国ポンド(GBP)
・豪ドル(AUD)
・カナダドル(CAD)
・スイスフラン(CHF)
マイナー通貨
・シンガポールドル(SGD)
・ノルウェークローネ(NOK)
・スウェーデンクローナ(SEK)
・ポーランドズロチ(PLN)
・香港ドル(HKD)
・トルコリラ(TRY)
・ブラジルレアル(BRL)
・南アフリカランド(ZAR)
・インドルピー(INR)
・メキシコペソ(MXN)
・タイバーツ(THB)
・ロシアルーブル(RUB)
など

円高・円安を正しく理解していますか?

通貨ペアの価格変動をしっかりと理解するためには、私たちの国の通貨である日本円と、世界で最も取引されているアメリカの米ドルの組み合わせである「米ドル/円」をベースに考えるのが最適です。

ここでは現在が1米ドル=120円というレートだとして、価格変動の説明をしていきます。まず、米ドルの需要が多くなったら、どんな値動きをするかを考えてみましょう。多くの人が米ドルを手に入れようとするわけですから、120円→121円→122円……とレート(米ドルの価値)が上がっていきます。これが「円安ドル高」という流れです。

次に、日本円の需要が多くなったら、どんな値動きをするかを考えてみましょう。多くの人が日本円を手に入れようとするわけですから、120円→119円→118円……とレート(米ドルの価値)が下がっていきます。これが「円高ドル安」という流れです。

円高・円安

取引はエントリーで始まりイグジットで終わる

差金決済取引は、新規注文(エントリー)ではじまり決済注文(イグジット)で終わります。その両方の注文が約定(FX会社の取引システムにおいて注文が承認される)することで、一連の取引が完了するのです。

具体的に流れを追ってみましょう。新規注文をするときに上がると予想した場合はロング(買い)、下がると予想した場合はショート(売り)で取引を開始します。この新規注文が約定されると、「ポジション」を保有した状態に。いわば差金決済に対する基準のレートが定まります。

このポジションは、レート変動に応じて差金が生まれることになります。決済注文をするまでは損益が未確定な状態ではありますが、決済前に利益が出ている状態を「含み益」、損失が出ている状態を「含み損」と呼びます。そして最終的に、決済注文が約定すると、損益が確定します。

この流れは飛行機のフライトにたとえられます。新規注文(離陸)→ポジション保有(フライト)→決済注文(着陸)とイメージすれば、理解がはかどるでしょう。

エントリーとイグジット

取引の専門用語

用語 ふりがな 説明
ロング 上昇予想の取引
ショート 下降予想の取引
◎FXでは当たり前のように用いられる専門用語なので、必ず覚えましょう。