今日はテクニカル分析を復習したいと思います。これはとても重要なので完璧にしておきましょう。

 

チャートをよんで、過去の数値データを基に将来を予測する分析方法のことをテクニカル分析といいます。

投資を行うに当たって重要な参考基準になるので覚えていたほうがいいですよ。

テクニカル分析

過去の価格データを分析することで将来の価格を予測するものですが、意外と過去とよく似た値動きをすることが多いので過去データと比較することをオススメします。

チャートで示されている過去の価格には経済指標や様々なニュースなどが含まれているので、分析していく内に楽しくなってくるかもしれませんよ!

特に重要指標発表の時とかは値動きが激しくなっていることが多いので非常に参考になると思います。

テクニカル分析では数値を使って分析を行っているので、信頼感があります。
でも最終的には自分の判断にまかせることになるので、慎重な行動が必要ということは認識しておいてください。

前置きが長くなってしまいましたが、テクニカル分析でメジャーな2種類を簡単に説明します。

◆ろうそく足
ろうそく足はチャート分析の基本ですが、始値/終値/安値/高値の4つの値を使って表されていて、1分や1時間など特定期間の値動きを1本のろうそくのように表しているものです。

ローソク足

◆移動平均線
移動平均線はある一定期間の終値の平均を結んだものです。
移動平均線の組み合わせは数多く存在していますが、一般的には短期線と長期線の2本を組み合わせが主です。

移動平均線

テクニカル分析の種類の詳細については以下でも説明されていますので、参考にしてください。