豪ドル(AUD)を理解して稼ぐ

豪ドル(AUD)について理解しましょう

ここでは豪ドル(AUD)で稼ぐ為にその特徴を説明させていただきます。

豪ドル(AUD)はオーストラリアの通貨を指しており、三大通貨のドル(USD)、ユーロ(EUR)、円(JPY)に次いで4番目に取引の多い人気のある通貨です。

20141127_oust

他の通貨と比べて癖のある通貨ですが、それを好んで取引をされる方も多いそうです。

また、海外バイナリーオプションを利用されている人も豪ドル(AUD)と円(JPY)の通貨ペアで取引をされていることが多いです。

豪ドル(AUD)は高金利通貨として有名で、この高金利通貨によって豪ドル(AUD)買いを促しています。

高金利と言われてもピンとこない人もいるかもしれないので、日本とオーストラリアで比較し簡単に説明しますと、日本では銀行にお金を預けると、低金利のため1年でわずかな利息しかもらえません。オーストラリアでは高金利のため利息が沢山もらえるのです。

20141127_oust

ちなみに、2014年現在の日本の金利は年0.020%でオーストラリアは年4.10%となっていますので、いかに高金利かお分かりいただけたかと思います。

それでは、豪ドル(AUD)の特徴について説明させていただきます。

豪ドル(AUD)の特徴

冒頭で豪ドル(AUD)が高金利通貨であることが理解されたかと思いますが、高金利通貨以外にも呼び名があり、資源国通貨とも言われています。

オーストラリアは資源大国なので石炭/石油/金等などが豊富にあり、その分、原油の価格や金属等の商品価格にとても影響を受けやすい特徴があります。

20141127_sigen

また、オーストラリアは中国の行動にも影響をされやすいと言われており、もし海外バイナリーオプションで取引をされるなら中国の経済指標やニュースもチェックしておきましょう。なぜ中国に影響されるかは一番の輸出国だからです。

20141127_chugoku

なお、豪ドル(AUD)は値動きが激しい通貨として有名で、この激しい値動きが短期取引の海外バイナリーオプションにおいて有利となります。

資源の価格が高騰すれば、それに比例して豪ドル(AUD)のレートも上がりますので、先が読みやすい通貨でもあります。

特にレートが下がる時は一気に下がることがありますので、この時を狙って取引を行う人もいます。

 

それではオーストラリアにおける重要な経済指標を以下に記載いたします。

RBA政策金利発表

発表タイミング:毎月第一火曜日
・中央銀行が銀行に融資する際の金利

新規雇用者数・失業率

発表タイミング:毎月中旬
・統計局が新規雇用者数と失業率を発表

小売売上高

発表タイミング:毎月上旬
・統計局が小売業の売上高を発表

CPI・消費者物価指数

発表タイミング:四半期ごと
・消費者が物やサービスを買う時の物価の変動を指数化

他の通貨と同じく経済指標をチェックして勝率UPに繋げることが重要です。

20141127_geikou

上記の経済指標の中でも特に注目するべき指標はオーストラリア準備銀行(RBA)が発表する政策金利発表です。

2013年9月以降、政策金利を現行の2.5%に据え置いており2014年後期よりオーストラリアでは住宅価格や株価の上昇による資産効果によって消費が好調だったのですが、2015年1月に発生した原油安と資源安によるインフレ懸念交代と景気減速を背景に、オーストラリア準備銀行(RBA)が2015年2月3日に約1年半ぶりとなる0.25&の利下げに踏み切りました。

豪中銀

オーストラリア以外でも世界的に金利を下げる傾向になっており、利下げは今後も続く見通しとされています。

金利を下げるということは通貨が売られる傾向になるため豪ドル安になります。

豪ドル/円(AUD/JPY)の通貨ペアで説明すると、豪ドル安になって円高になるため、バイナリーオプションでは「低」に投資することで利益に繋げることができます。

また、冒頭でも書かせていただきましたが、中国のニュースなどにも影響されますので取引を行う際はチェックしましょう。

最後に

それでは、豪ドル(AUD)に関してのポイントを以下にまとめます。

・原油の価格や金属等の商品価格にとても影響を受けやすい
・中国の経済指標やニュースにも注目
・値動きの激しさが海外バイナリーオプションで有利に働く

海外バイナリーオプションで稼ぐことを考えているのなら、豪ドル(AUD)で一度取引をされてみてはどうでしょうか。